レスポンシブWebデザインはコーディング代行に頼もう

いまはパソコンからタブレット、スマートフォンなど色々な環境でホームページが閲覧される時代です。
それだけ色々な画面サイズでホームページを見ている人がいるのです。

いまの時代にホームページ制作をするということはそういった多様な層に対して最適化したホームページを作らなければなりません。
ひとつのアプローチとして、それぞれひとつのHTMLとCSSを用いて利用者の画面サイズで切り分けて表示を変更するというものです。
たとえば、PCのような大きな画面サイズで見る人は普通にグローバルメニューが表示されるが、スマートフォンなどの小さな画面サイズの端末向けにはハンバーガーアイコンが表示され、ドロワーメニューが追加されるというようなことです。

CSSに画面サイズが小さくなるとPC向けのグローバルメニューが非表示されるようにして、スマートフォン向けのハンバーガーアイコンとドロワーメニューが表示されるように書いていきます。
こういったことを画面サイズごとにやっていくのです。

ホームページ制作初心者には難しいかもしれません。
こういった場合はコーディング代行をおこなっているプロに頼むことも方法の一つです。
きちんと画面サイズに応じてデザインや機能が変更するように作ってもらえますので、困ったときはコーディング代行のプロの業者に頼むと良いでしょう。